スタッフインタビュー ~看護師、メディカルコーディネーター 田中 裕子~

YOCの看護師、メディカルコーディネーターの田中裕子にインタビューしました。

Q.経歴を教えてください。
看護学校卒業後、赤十字病院にて看護師として5年半勤務。 
出産にて退職し、3年間の休職中にケアマネージャーの資格を取得。
パート職の看護師として社会復帰。その後、ケアマネージャーとして7年間勤務し、その時主任ケアマネージャーの資格も取得しました。
その後、2012年から看護師に復職。当時、守上院長と職場が同じで、在宅医療のクリニックを開院すると聞き、看護師として働きたいと伝えました。ケアマネージャーの経験から在宅医療や訪問看護に興味がありました。2017年4月1日、開院とともによしき往診クリニックに入職です。

Q.訪問看護ステーションではなく、クリニックを選んだのはなぜですか?
訪問看護ステーションだと近くに医師がいないため、看護師の知識や判断が重要となり、ハードルが高いと思ったからです。クリニックであれば近くに医師がいるので、すぐに相談できる環境があると思いました。

Q.よしき往診クリニックの訪問看護の仕事について教えてください。
患者さんは主にがんの方です。
まず、病状観察。痛みのレベルや症状の変化、服薬状況を把握、医師に報告し、指示を仰ぎます。また、末期がんの患者さんは非がんの患者さんと比べ、ADLの低下(身体機能が低下し、移動・排泄・食事・更衣・洗面・入浴などの日常生活動作が困難になること)速度が速いので、ADLの変化に応じ、療養環境の整備の支援を行うのも看護師の仕事です。介護ベッドやポータブルトイレなどの福祉用具や訪問入浴などの介護サービスの必要性を判断し、ケアマネージャーに助言します。それから、清潔援助として、入浴補助や衛生管理、褥瘡処置も行います。
医師に比べると、看護師は頻回に訪問するため、患者さんの些細な変化を汲みとれるよう努めています。そして、患者さん、ご家族が安心して療養していただけるよう、患者さんやご家族と充分お話しをするよう心がけています。

Q.仕事のやりがいを感じるのはどんなときですか?
終末期の看護は、看護の質が問われる場面だと思います。私たちがしたことで患者さんに喜んでいただけたとき、とてもやりがいを感じます。

Q.思い出に残っている患者さんエピソードを教えてください。
50代の末期がん患者さんのエピソードです。独身の方だったので、高齢のお母さまが看病されていました。このお母さまがすごいんです。普通だったら暗くなりがちだと思うんですが、いつも明るく前向きで、せん妄を冗談に吹き替えしてしまうようなお母さまでした。訪問看護中も、患者さんとお母さまと3人で度々大笑いしました。
人の死は誰もが避けては通れません。同じ一日を過ごすのも、悲しむよりは、できれば楽しみながら過ごした方がよいなと思いました。もちろん、患者さんのキャラクターにもよりますが、限られた時間を穏やかに送り出してあげられたらいいなと思います。

Q.最後に、YOCには田中さん以外に非常勤看護師が3人いますが、看護師のまとめ役として心掛けていることを教えてください。
3人にはそれぞれの得意分野があります。丸野さんは傾聴力がすごいです。相手の立場に立てる看護師だと思います。また、齊藤君は大学院で研究しているため知識が豊富。亀山さんは訪問看護経験が豊富で在宅のスペシャリスト!それぞれの良さを活かせるよう、皆が困らないようになるべく相談しやすい環境づくりを心がけています。

スタッフインタビュー ~事務長、地域連携室長、メディカルコーディネーター 山田 寿美~

YOCのGeneral Manager、地域連携室長、メディカルコーディネーターの山田寿美にインタビューしました。

Q.経歴を教えてください。
総合病院で外来医事、外来クラーク、入院医事を15年経験後、医療法人双樹会よしき往診クリニックに入職し、現職に就いています。

Q.General Managerとは?
在宅医療を提供する上でのクリニックのマネジメントを行っています。

Q.地域連携室長としての意気込みを教えてください。
地域密着型の医療を目指しています。「YOCに相談すれば、責任を持って最期まで看てくれる」と思っていただけるよう、連携先との密な関係づくりを構築したいと考えています。

Q.メディカルコーディネーターの仕事とは?
医師が診療に専念できるよう、診療補助を行います。例えば、電子カルテの入力補助や処方箋作成補助など。また、サービス事業者と連携したり、患者さん本人や家族との関係を円滑にするのもメディカルコーディネーターの役割です。

Q.仕事のやりがいを教えてください。
病院で働いていたときは診療現場に立ち会うことなく患者さんや家族と接することが多かったのですが、現在は現場に行くことで、患者さんや家族から直接感謝の言葉をいただくこともあり、やりがいを感じています。現場に行くことで、病気はもちろんですが、家族関係や患者さんの人生、患者さんの今後について、見たり考えたりすることが多いです。それを元に職種としてできることは何か、改善点は何かを日々検討していくこともにやりがいを感じています。

Q.最後に、今後YOCをどうしていきたいですか?
西京区といえばよしき往診クリニック、京都で在宅医療といえばよしき往診クリニックといわれるように、地域の信頼を築いていきたいと思います。スタッフ皆が楽しく、地域のために常に挑戦できる環境づくりがしたいです。
まだまだ1年目なので、至らぬ点もありますが、西京区の地域をより良くしたいという想いは人一倍あるので、温かい目で見ていただけると幸いです。