COPD診療実践セミナー

2019年10月24日、アストラゼネカ株式会社主催のCOPD診療実践セミナーにて院長の守上が講演させていただきました。

【プログラム】
製品紹介
『COPD治療配合剤 ビレーズトリ / ビベスピ エアロスフィア』
アストラゼネカ株式会社

Session1
在宅における慢性呼吸不全の看取り
座長:京都第二赤十字病院 呼吸器内科 部長 竹田 隆之 先生
演者:よしき往診クリニック 院長 守上 佳樹

Session2
COPDの在宅呼吸管理をどうする、どうなる?
座長:京都府立医科大学大学院医学研究科 呼吸器内科学 教授 髙山 浩一 先生
演者:神戸市立医療センター中央市民病院 呼吸器内科 部長 富井 啓介 先生

詳細はこちらをご覧ください。
COPD診療実践セミナー

第3回 がん地域医療連携力向上研修

2019年10月19日、第3回 がん地域医療連携力向上研修にて、院長の守上と看護師の田中が事例発表をさせていただきました。


お話させていただいたのは、京都桂病院、当クリニックの訪問診療、訪問看護、境谷ゆう薬局の訪問薬剤管理指導の連携による、末期がん患者さんの在宅生活を支援させていただいた事例です。

事例発表・グループワーク
   京都大学大学院医学研究科 消化器内科学 寺村 茉利 先生
   よしき往診クリニック 院長 守上 佳樹
   よしき往診クリニック 訪問看護師 田中 裕子
   境谷ゆう薬局 薬剤師 佐々木 裕美 先生
   京都桂病院 地域医療福祉連携室 ソーシャルワーカー 尾崎 萌子 さん

詳細はこちらをご覧ください。
第3回がん地域医療連携力向上研修

【がん地域医療連携向上研修とは】
地域医療機関と拠点病院等との連携により、切れ目のないがん診療提供体制を構築するため、がん患者さんが病院と診療所を行き来した事例の情報共有、課題検討をすることで、多職種による病病・病診連携の更なる促進を目的とした研修です。

第1回 在宅療養支援診療所薬剤師連絡会

2019年9月29日に慶応義塾大学にてい開催された第1回 在宅療養支援診療所薬剤師連絡会シンポジウム~在支診薬剤師という働き方~にて、
薬剤師の平賀が活動報告をさせていただきました。


【プログラム】
Opening Remarks
連絡会結成の経緯と今後の展開

Ⅰ 特別公開ディスカッション
診療所における薬剤師活用の意義と可能性

Ⅱ 連絡会会員活動報告

Closing Remarks

詳細はこちらをご覧ください。
在宅療養支援診療所薬剤師連絡会シンポジウム

【在宅療養支援診療所薬剤師連絡会について】
在宅医療における病診薬連携の強化や地域薬剤師との必要な情報の共有等、地域に求められるニーズに応えるため診療所内薬剤師が集まり、在宅療養支援診療所薬剤師会が発足しました。