立命館大学大学院経営管理研究科 医療経営研究会

2018年11月10日(土)、立命館大学大学院経営管理研究科医療経営研究会にて院長の守上がこれからの在宅医療のあり方について講義させていただきました。

【テーマ】
第3世代の在宅医療


大学院の教授、医療法人理事長、院長、事務長、医療と関係の深い企業の役員の方々が来られていました。
講義の中で当院におけるメディカルコーディネーター(診療補助)の役割についてお話させていただき、皆様から関心を持っていただけました。
その後のディスカッションでは、今後の経営における人的資源管理という課題が浮き彫りになりました。

第2回医療者・介護者のための研修会~はじめよう多職種・多機関の顔の見える関係づくり~

2018年11月10日(土)、京都市北区・上京区在宅医療・介護連携支援センター主催の「第2回医療者・介護者のための研修会 ~はじめよう多職種・多機関の顔の見える関係づくり~」にて、非常勤医師の宮本が講演させていただきました。

【演題】
よしき往診クリニック 非常勤医師
京都府立医科大学付属病院 救急医療学教室 総合診療部 宮本 雄気
在宅と救急って正反対!?
~なんで送ってきたんだ!なんで受けてくれないの?にならないように~

会の詳細はこちらをご覧ください。
第2回 医療者・介護者のための研修会