診療案内

医療機関の種類

在宅療養支援診療所 (24時間365日対応)

診療科

内科・小児科
※小児科の在宅医療も行っています。

指定医療機関

・もの忘れ相談医
・難病患者指定医療機関
・精神指定自立支援医療機関 (精神通院医療)
・指定小児慢性特定疾病医療機関

診療エリア

京都市西京区及びその周辺
※その他のエリアの方はお問い合わせください。

在宅医療とは

自宅で療養生活を送りたいという患者さんと家族の意思を尊重し、医師、看護師、薬剤師、管理栄養士などの医療従事者が、患者さんの家を定期的に訪問して適切な療養支援を行うことです。
現在通院されている医療機関との併診も可能です。

在宅医療の対象となる方

・自宅で療養されている方
・ひとりで通院するのが困難な方

・入院中で自宅に戻って療養したいと考えている方
・末期がんで緩和ケアやホスピスケアを必要とされる方
・自宅での看取りやターミナルケアを希望の方
・精神疾患で自宅から出るのが難しい方
・医療的ケア児
※透析中の患者さんも対応可能です。
※その他お気軽にお問い合わせください。

診療スタイル

在宅医療には「定期的な訪問診療」「緊急時の往診」の2つのスタイルがあります。

定期的な訪問診療

患者さんの自宅に医師が定期的に訪問し、継続的な療養支援、指導を行います。
訪問日時は患者さんや家族と相談の上、決めさせていただきます。
※訪問頻度は患者さんの状態に合わせて決めさせていただきますが、月2回訪問の方が多いです。

緊急時の往診

当クリニックの訪問診療を受けている患者さんが、急に具合が悪くなった場合は、夜間休日を問わず、24時間365日、診察や電話相談に応じています。
※精密検査や入院など、必要に応じて連携医療機関への紹介を行います。

訪問看護

当クリニックの訪問診療を受けておられ、末期腫瘍で特に重点的なケアを要する患者さんに対して、医療保険の訪問看護を行っています。

訪問栄養指導

当クリニックの訪問診療を受けておられ、心不全、糖尿病などの疾患や嚥下障害があり、栄養指導を必要とする患者さんに対して、管理栄養士が医療・介護保険適用で訪問栄養指導を行っています

連携病院

宇多野病院
大阪医科大学医学部附属病院
大阪大学医学部附属病院
河端病院
京都医療センター
京都大原記念病院
京都岡本記念病院
京都市立病院
京都桂病院
京都大学医学部附属病院
京都第一赤十字病院
京都第二赤十字病院
京都武田病院
京都府立医科大学附属病院
京都南病院
京都民医連中央病院
京都リハビリテーション病院
近畿大学医学部附属病院
康生会武田病院
済生会京都府病院
シミズ病院
新京都南病院
相馬病院
第一東和会病院
第二東和会病院
西京都病院
枚方公済病院
伏見岡本病院
三菱京都病院
向日回生病院
洛西シミズ病院
洛西ニュータウン病院
洛和会丸太町病院
など
※50音順に記載しております。

医療費について

医療保険、介護保険、生活保護、その他公費もご利用いただけます。
詳しくはお問い合わせください。

お申込みから診療までの流れ

まずは、お電話などでお問い合わせください。
ご住所や病気の状態、必要な医療処置などの情報をお伺いし、対応可能かどうかお返事させていただきます。

かかりつけ医・病院担当医の診療情報提供書をFAX&郵送してください。
※入院中の方は病院の地域連携室より対応をお願いします。
※かかりつけ医不在の場合は当クリニックにご相談ください。

◇退院時カンファレンスがあるとき
病院の地域連携室の担当者と退院カンファレンスの日時を調整させていただきます。

●退院カンファレンス
病状や医療処置を把握し、在宅復帰後の療養管理の方針を決めます。
また、初回訪問日を調整させていただきます。

●初回訪問
当クリニックの院長、もしくは、副院長が訪問し、その後の主治医を決めさせていただきます。
【ご準備いただくもの】
・健康保険証
・介護保険証
・公費受給者証
・お薬手帳
・印鑑

●2回目以上の訪問診療
主治医が担当します。

◇退院カンファレンスがないとき
①クリニックにて面談
ご希望の方は面談日を調整させていただきます。
※家族のみのご来院も可能です。
【ご準備いただくもの】
・健康保険証
・介護保険証
・公費受給者証
・お薬手帳
・印鑑

●初回訪問
当クリニックの院長、もしくは、副院長が訪問し、その後の主治医を決めさせていただきます。

●2回目以上の訪問診療
主治医が担当します。

②面談なしの場合
初回訪問日を調整させていただきます。

●初回訪問
当クリニックの院長、もしくは、副院長が訪問し、その後の主治医を決めさせていただきます。
【ご準備いただくもの】
・健康保険証
・介護保険証
・公費受給者証
・お薬手帳
・印鑑

●2回目以上の訪問診療
主治医が担当します。