第3回 がん地域医療連携力向上研修のお知らせ

第3回 がん地域医療連携力向上研修にて、院長の守上と看護師の田中が事例発表をさせていただくことになりました。
発表させていただくのは、京都桂病院、当クリニックの訪問診療、訪問看護、境谷ゆう薬局の訪問薬剤管理指導の連携による、末期がん患者さんの在宅生活を支援させていただいた事例です。

【プログラム】
Ⅰ. 開会挨拶
   京都桂病院 院長 若園 吉裕 先生

Ⅱ. 事例発表・グループワーク
   京都大学大学院医学研究科 消化器内科学 寺村 茉利 先生
   よしき往診クリニック 院長 守上 佳樹
   よしき往診クリニック 訪問看護師 田中 裕子
   境谷ゆう薬局 薬剤師 佐々木 裕美 先生
   京都桂病院 地域医療福祉連携室 ソーシャルワーカー 尾崎 萌子 さん

Ⅲ. 閉会挨拶
   西京医師会 会長 福本 和生 先生

日時:2019年10月19日(土) 14:00~17:00
場所:ホテル京都エミナース 大ホール
   京都市西京区大原野東境谷町2-4
参加費:無料
申込み方法:下記の資料をご覧ください。
第3回がん地域医療連携力向上研修
主催:京都府・西京医師会・京都桂病院

【がん地域医療連携向上研修とは】
地域医療機関と拠点病院等との連携により、切れ目のないがん診療提供体制を構築するため、がん患者さんが病院と診療所を行き来した事例の情報共有、課題検討をすることで、多職種による病病・病診連携の更なる促進を目的とした研修です。