頭部外傷後の注意事項

頭を打ったときは、脳にいろいろな変化が起こることがあります。特に、頭の中に出血がおこると生命に危険を及ぼすことがあるため、注意が必要です。頭を打った後、元気だった人が急に意識がなくなってしまうことがあるのも、このような頭の出血(頭蓋内出血)によることがあります。

特に、最初の24時間は、下記の症状がないか注意が必要です。
①頭痛がだんだん強くなり、吐き気、嘔吐が何回も起こる。(食べ物を吐いてしまったり、何も食べていないのに吐いたりする。)
②ぼんやりしてきたり、放っておくとすぐに眠ってしまう。起こしてもなかなか起きない。
➂物が二重に見えたり、物がよく見えなくなったりする。
④手足が動かしにくくなったり、しびれたりする。特に、右と左で動き(力の強さ)が異なる。
⑤けいれん(ひきつけ)が起きる。

もしも、上記のような症状が見られたときはすぐに医師の診察を受けてください。このような症状はすぐに起こることもありますが、2~3日、時に数日~数カ月経ってから起こることもあります。
頭を強く打った後は、少なくとも1~2日間は安静にし、一人で外出したりしないように注意してください。小さいお子様は相当強く頭を打った時でも症状が出にくいことが多く、また、自分で症状が言えません。たとえ元気にしていても、2~3日は目を離さないでください。

受傷から半年くらいまでの注意
頭をぶつけた後、3週間~6カ月くらい経ってから、まれに頭の中に血液が溜まることがあります(慢性硬膜下血腫)。経過中に①頭痛、②吐き気、➂脱力感、ふらつき、④失禁、⑤認知症のような症状が徐々に現れ、悪化するようなら、医師の診察が必要です。
時に手術が必要となることもあります。高齢者では頻度が高いのでご注意ください。

進行性神経筋疾患の患者さんのためのコミュニケーション機器

コミュニケーション機器ビデオ

進行性神経筋疾患の患者さんのためのコミュニケーション機器を学びに、京都府難病相談・支援センターに足を運びました。
ALSや脊髄小脳変性症などの進行性神経筋疾患は、症状の進行とともに四肢麻痺や音声言語機能の低下が生じ、他者とのコミュニケーションが困難になることがあります。そのため、世の中には様々なコミュニケーション機器が用意されています。

今回見せていただいた機器は、指で指し示すアナログタイプの文字盤をはじめ、文字やシンボルが書かれたキーを押すと文字音声が流れる会話補助装置、自動的に文字が移り変わり、1つのスイッチで操作できる意思伝達専用装置、PCやタブレット専用のソフトウェアなど。
スイッチも指で押すものから、口元の動きや目の動きを読み取るものまで、様々なタイプのものが用意されています。

これらの機器の存在を知らないうちに症状が進行してしまうケースもあるそうで、少しでも多くの方に知っていただけたらと思います。

広報部 岩﨑

スタッフインタビュー ~メディカルコーディネーター 河内 直之~

YOCメディカルコーディネーターの河内 直之にインタビューしました。

Q. YOCに入職するまでの経歴を教えてください。
龍谷大学国際文化学部に在学中、ボランティアセンターという大学内の組織で、ボランティア活動をしたり、学生にボランティアを紹介したりする活動をしていました。そこでの経験を通して、相手が新しい経験をするきっかけを作ることで、その人の人生に何か良い影響を与えるという事に面白さを感じ、卒業後は不動産会社に就職。お部屋を紹介する仕事をしてきました。約5年勤務し、2019年4月1日にYOCに入職しました。

Q. YOCで働こうと思ったきっかけは?
前職の時に院長と知り合い、YOCが当直用に借りている物件の仲介を担当しました。院長と何度か会ううちに、「YOCで一緒に働こう!」と誘ってもらい、ちょうど前職が5年という節目に差し掛かり、転職を考えていたタイミングだったので、自分自身の「人の人生に関わる仕事がしたい」という思いに合った仕事かなと思い、転職を決意しました。

Q. 初めての医療業界。抵抗はありませんでしたか?
抵抗はそれほどありませんでした。周りのほうが心配していましたが、抵抗や不安よりも、新しいことに挑戦をするという楽しみの方が大きかったです。
医療業界未経験の私が、このような職種を経験できるチャンスというのはそう多くは無いと思うので、頑張って挑戦してみようと思いました。

Q. どのような業務をされていますか?
メディカルコーディネーター(MC)として医師の診療に同行し、医療行為の補助をしています。

Q. 今後の目標を教えてください。
この仕事は患者さんの命に直接関わる仕事で、時には看取りに立ち会う事もあり、「人の人生に関わる仕事がしたい」という思いは果たせているかなと思いますし、患者さんやご家族から「ありがとう」と言って頂いた時にはやりがいも感じています。でも、患者さんとメインで関わるのは医師であり、MCは陰で支える仕事なのでそこにもどかしさを感じる事もあります。
ある先輩がこんな話をしてくれました。「患者さんが『私の主治医は〇〇先生だけど、私のメディカルコーディネーターは○○さんよ』と言ってもらえるようになりたい」と。私もそんなMCを目指したいと思っています。今は医師の補助をするだけで精一杯ですが、今後はもっと患者さんとコミュニケーションを取り、患者さんの不安を軽減し、患者さんに必要な環境を整えるための医師や関係機関との良い仲介役になっていけたらなと思っています。診療補助もMCの大切な仕事ですが、それだけではなく、もっと主体的に患者さんのお役に立てる存在になることが今の目標です。