スタッフインタビュー ~広報、メディカルコーディネーター 岩﨑 有美~

YOCの広報、メディカルコーディネーターの岩﨑 有美にインタビューしました。

Q. 経歴を教えてください。
大学卒業後、アパレルメーカーへ就職。銀座店でレディ―スブランドの販売を経験後、本社マーケティング部で販促を担当していました。
その後、もっとマーケティングの勉強がしたいと思い、広告代理店へ転職。広告代理店では、マーケティングプランナーとして日用品メーカーや食品メーカー、スポーツアパレルメーカーの商品やサービスのセールスプロモーションやブランディング、生活者調査などを担当。2017年9月にYOCに入職しました。

Q. どうしてYOCに来ようと思いましたか。
元々知り合いだった守上院長から開業するという話を聞き、意見交換をしているうちに院長から「一緒に働かないか」と言われ、転職を決めました。開院・立ち上げに携われるのは面白いと思ったからです。ちょうど自分自身のキャリアプランを考えていた時期だったので、タイミングと縁かなと思います。

Q. クリニックに広報があるのは珍しいと思いますが、どういった業務をされていますか?
他業界から入ってきてまず、医療関係者と、患者さんや家族との間の医療介護サービスに関する情報格差がものすごく大きいと思いました。
私自身、医療と介護の違いは理解していなかったですし、社会的なサービスもよくわかっていませんでした。いのちに関わる大切なことだけど、学校ではあまり教えてくれないですよね。医療機関からのもっと積極的な情報発信が必要だと感じています。
表立っては、こういったFacebookやホームページの更新、院長の講演のサポート、地域連携会への参加、取材対応などをしています。

Q. 岩﨑さんは現在MBAに通われているとの事ですが、修士論文は医療に関することをテーマにされるそうですね。内容を少し教えてください。
患者さんに支持されるクリニックになるには、提供する医療サービスの質を高めることが一番の近道だと思っています。もちろん医療技術はベースとして必要なのですが、特に在宅医療においては医師のコミュニケーション力が重要だと私は考えています。論文発表前なので、まだざっくりとしかお伝えできませんが、患者さんとの信頼関係を築くために必要なコミュニケーションの要素を研究しようとしています。

Q. 広報として今後やっていきたい仕事は何ですか?
当院による患者さんへのアンケートの結果によると、在宅医療の認知度は3割程度となっていて、7割の方は在宅医療の存在を知らないという結果が出ています。【よしき往診クリニック調べ(~今まで在宅医療の利用がなく、医療・介護機関から紹介を受けた患者の在宅医療認知度~2017.4.1~2018.8.31 n=133) 】療養生活の場所を決めるのは患者さんですが、“在宅医療“という選択肢を知らずに生活するのはもったいないと思います。
なので、”在宅医療”の認知度を更に上げていくために、医療機関や多職種との連携を強めたり、地域住民への発信をしていったりすることはもちろん、自分たちの行いを日々見直していくことが必要かなと思っています。

スタッフインタビュー ~事務、メディカルコーディネーター 菅原 信行~

YOCの事務、メディカルコーディネーターの菅原 信行にインタビューしました。

Q. 経歴を教えてください。
前職は通信建設業の設計業務を行っていました。平成30年3月にYOCに入職しました。

Q. YOCで働くようになったきっかけは?
きっかけは身内の不幸を経験したことです。当時、在宅医療を受けたかったのに受けられなかったという経験をしたのですが、その時の悔しい思いが強く自分の心に残っていて、昔からの知り合いである守上院長から往診クリニックを開業するという話を聞き、自分のような思いをする人を少しでも減らしたいという思いで転職を決めました。

Q. 他業界から入って、メディカルコーディネーターとして診療の現場を見て、どんな事を感じますか?
全てが新鮮です。医療業界は全くの未経験で入職したので、医療関係者とは違った見方で患者さんを見れているのではないかなと思います。患者さんはもちろんですが、ご家族も一緒に病気と戦っておられます。まだ経験が浅いからこそ、長年医療に携わっている医療従事者とは違った角度から、より患者さん目線で意見を言えるよう日々心掛けています。

Q. 今後やっていきたいことを教えてください。
医療関係の経験が無いところからスタートしたので、メディカルコーディネーターとして患者さんや医師、スタッフから信頼してもらえるよう、もっと医療的な知識を深めながらも、良い意味で医療に慣れてしまう事なくいつでも新鮮な気持ちで一人一人の患者さんやご家族と接していきたいと思います。